WEBライター募集のサイトはここに注意。

- WEBライター募集のサイトはここに注意。

WEBライター募集のサイトはここに注意。

インターネットの普及により年々webライターの求人が増えてきています。
クラウドソーシングサービスサイトやその他のサイトでも数多くライター募集の記事を目にします。
今や誰でもライターの仕事にチャレンジできるようになったといってもよいでしょう。
ただしそんな環境がゆえに注意しなくてはならなく事もあります。
今回はwebライターへ募集する際の注意点についてご説明させて頂きます。

インターネットでのライター業の特徴

1.基本的に発注者と会わない

インターネットでの求人から応募する場合、サイト管理人や記事の発注者とも基本的に顔を合わせる事がありません。
すべてインターネット上でのやりとりで仕事が完結します。

2.ライター募集のサイトがたくさんある

クラウドソーシングサービスサイトやその他サイトを含め、ライター募集のサイトは数多くあります。
どのサイト選ぶべきなのか迷う事もあると思います。
つまり誰かから直接詳細の説明を受ける事なく、多くの発注サイトの中から自分で内容を確認して仕事を選ぶ必要があることになります。


応募する際に注意する点

上記の特徴を踏まえると、仕事を選ぶ際に特に注意すべき点は以下になります。

1.執筆する記事内容を確認する。

webライターの執筆する記事内容は多岐にわたります。
募集サイト(発注者)により、ジャンルが明確にされている場合もあります。
自分にあったサイトに応募しましょう。

2.要求されるレベルを確認する。

初心者の方は“初心者OK”などと記載されているライター募集のサイトへ応募するとよいでしょう。
逆に初心者がレベルの高い経験者向けのサイトに応募すると、なかなか記事を受領してもらえず報酬に繋がらない可能性もあります。

3.報酬条件を確認する。

応募する際に報酬条件もよく確認しましょう。
あまりに単価が安すぎたり、不明瞭なサイトへの使用手数料を請求されるような場合は応募を考えた方がよいでしょう。
報酬条件が明記されてない発注者への応募も控えた方がよいと思います。
いかがでしたでしょうか。あまりインターネットでの条件確認などに慣れていない初心者の方は、大手のクラウドサービスサイトを利用するのが安心かもしれませんね。
最初は記事単価が低いと感じるかもしれませんが、実力が上がっていくうちに単価も上がってくるでしょう。
自宅でもできる仕事ですし、気兼ねなくチャレンジできると思います。
ある程度稼げるようになれば、立派な在宅副業として成り立つようになります。
家計での年収アップにも繋がるでしょう。
インターネットが発達した現代ならではのとても魅力的な仕事ですよね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

コンテンツ記事

最近の投稿

△PAGE TOP